リンク

育ちの種
HP起業支援ネットワーク『育ちの種』もよろしくお願いします。

Comments

openclose

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

PR

バナー



外国為替
















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ ←ブログランキングに参加しています。ポチッとしていただけるとウレシくなっちゃって浮かれちゃいます。

マンホール@湯沢町 その①

P1000053.jpg
新潟県南魚沼郡湯沢町のマンホール


湯沢町のマンホールです。

夏は山やフィールドスポーツ、冬はスキーに温泉と全国的にも有名な町です。

デザインはリゾート地らしく、「スキー」、「ゴルフ」、「テニス」が描かれています。

そして周りには、町の花「コスモス」と町の木「ベニヤマザクラ」の花がデザインされています。



湯沢町は小説「雪国」(川端康成著)が執筆された地としても有名ですね。

高半旅館さんではいまでも、この小説が書かれた「かすみの間」を展示室として見ることができるそうですよ。






ブログランキングに参加しています。
クリックで応援していただけると元気いっぱいになります!






人気ブログランキングへ ←ブログランキングに参加しています。ポチッとしていただけるとウレシくなっちゃって浮かれちゃいます。
スポンサーサイト

湯沢町神立より撮影

20100121160619
人気ブログランキングへ ←ブログランキングに参加しています。ポチッとしていただけるとウレシくなっちゃって浮かれちゃいます。

湯沢 キャンドルライブ '10

降ったりやんだりのくりかえし・・・

ロウソクの火はだいじょうぶかなぁ?

今日は湯沢町 「キャンドルライブ '10」にやってきました。

P1000026_20100117204746.jpg P1000008.jpg

おぉーけっこう人がいますw(゚o゚)w
ロープウェー乗り場の建物に入り、さっそくボランティア受付をすませて会場へ。スタッフ用の食券をもらいました。

P1000025_20100117204059.jpg
会場内は5つに色分けされて、その一つ一つの色にテーマがあります。
↑こちらはグリーンエリア「地球愛・環境保護」です。
暗くてよく見えませんが灯りに沿うように緑が配置されています。

いきなりキレイです (ノ*´▽)ノワーイ♪ 入口ですでに感動です。
すごいキャンドルの数に(ノ゚?゚)ノビックリ
温かい灯りがロマンチックに道を浮かび上がらせいますねぇ。

P1000024_20100117204100.jpg
P1000023_20100117204100.jpg

↑こちらはブルーエリア「追悼・感謝」のテーマ。
中越地震を機にはじめられて今回で5回目。

2004年10月23日中越地震発生
この瞬間から私達は長く険しい復興への戦いがはじまりました。被災地へのボランティアはもちろん、私たち自身も風評被害という大きな情報被害が発生しました。途方に暮れる毎日・・・・
そんな中1人のちょっと変わった人が言いました。
「地震で被災された方々を支援しつつ、俺達も復興しよう!!」
そして、提案したのが、ここ湯沢に訪れたお客様にチャリティーキャンドルをお求めいただき、雪灯りを楽しんでもらいながら収益を義援金として被災地に送ろうというものでした。私達自身も街中で100日間キャンドルを灯し続けると宣言し、吹雪の中、凍えるような寒さの中鼻水を垂らしながら達成しました。
そして、100日間で集まった義援金総額 約200万を被災地に贈ることができました!!  引用:キャンドルライブ '10


P1000003.jpg
P1000017_20100117204016.jpg
P1000005.jpg
P1000001_20100117204016.jpg

通路をぬけると次はメインとなるオレンジエリア「友情・家族愛」です。
スゴイ 才才-!!w(゚o゚*)wカンドウ

これは奥さんと子供たちに見せてやりたかったです。
いままで写真でしか見たことがなかったけど実物にはグッきますねぇ。

小学生が描いた絵もあかりに灯されています。
湯沢が一体になってこのキャンドルライブをつくっているんですねぇ。

P1000007.jpg
↑こちらはイエローエリア「幸福」がテーマです。
ライブが行われていました。

キャンドルに音楽、ロマンチックな雰囲気になってきました。

時間は9時20分。最後の曲が終わったのと同時に・・・
P1000042_20100117204311.jpg

スゴイ演出ですねぇ。
「そこは言葉もなく皆、空を見上げ響くは散る花の音だけ・・・」
みんな見とれていますよ。
この夜は感動しました。少し忘れていた気持ちです。
魚沼湯沢の若い力とそれを支える地域がこの「キャンドルライブ」をつくっているんですね。

P1000044_20100117204746.jpg P1000049_20100117204310.jpg
P1000051.jpg P1000050_20100117232158.jpg
そして最後は後片付けのお手伝い。
実行委員のみなさんお疲れさまでした。
商工会青年部長のTさん「おでん」ご馳走様でしたm(_ _)m美味しかったです♪



今年は無理だったけど今度は奥さんと子供たちを連れてきてあげたい。
そして一緒に魚沼を感動したいですね。
少し気持ちが浮き立つ帰り道でした。


P1000046_20100117230231.jpg
「キャンドルライブ '10」

2010年1月16日 18:30~21:30
メイン会場:湯沢高原スキー場 布場ファミリーゲレンデ
サブ会場:ポケットパーク 足湯「かんなっくり」
→キャンドルライブHPはこちら




より大きな地図で 魚沼散歩道 を表示



人気ブログランキングへ
↑クリックで応援おねがいします。

人気ブログランキングへ ←ブログランキングに参加しています。ポチッとしていただけるとウレシくなっちゃって浮かれちゃいます。

湯沢温泉街

きょうは湯沢温泉街を散歩します。

越後湯沢駅

JR越後湯沢駅を降り温泉街へ出てくると、ひと、ひと、ひと(才才-!!w(゚o゚*)w今日は何の祭りじゃ?)
賑わってますなー。 人間ふしぎなもんで、こんなに人がいるだけでワクワクしてくるんですねぇ。

それでは散歩開始です。
駅前 駅前
まず駅から徒歩10m。最近、よく雑誌で見かける「旅籠 井仙」さんです。→井仙さんのHPはこちら
ライティングが良い感じにカッコイイですねぇ。
これはわたしの勝手な思い込みですが、ほんの数年前にできたかと思ったらあれよあれよと言う間に湯沢の顔になってしまったような気がします。
わたしの奥さんが「温泉珈琲」なるものがあるといっていました。
密かに「飲めたらいいなぁ」と思っていたのですが、残念ことにすでに「準備中」に...
たぶん「一人で飲んじゃいかん」とおじいちゃんが空から見ていたんですね。
これは奥さんと来た時の楽しみにとっておきましょう。

P1000023.jpg おみやげ
湯沢温泉街 P1000026.jpg

若い人たちが多いですねぇ。
こうして湯沢温泉街を歩くのは高校生のバイトで湯沢のスキー場で働いたとき以来ですから、15年ぶり。
立ち並ぶお店もだいぶ変わりました。
当時は若いひとが好みそうなお店は少なかった記憶があります。
いまでは知らないお店がいっぱいですねぇ。
焼肉・回転ずし・居酒屋・イタリア料理etcとありとあらゆるものがあります。
フリーペーパー「VITA」を見ていても「最近すっげぇ増えたな」と感じていました。
きっと家族できてもおもしろいでしょうねぇ。
地元の方でも、夕飯食べてお土産屋さんをのぞいてプチリゾート気分を味わえそうです。

歴史民俗資料館 P1000030_20100103012805.jpg
歴史民俗資料館を発見。
やはりすでに閉館していました。 ε-(ーдー)ハァすこし時間が遅かったなぁー
では建物の写真を撮るかなとパチリ、パチリ... 暗くて全然写んねぇー
ということで→資料館の情報はこちら
さらにロープウェーステーションも真っ暗。ダメだこりゃ( ̄◇ ̄)ポケー
→湯沢高原ロープウェイ「アルプの里」情報はこちら
新しいカメラ欲しいー (見てるか奥さん? 欲しいー 欲しいー)


なんて落ち込んでいるとあるじゃないですかぁ

P1000036_20100103000426.jpg P1000031.jpg
オオッこれはキレイです。これはもしや「キャンドルライブ」
ググッてみればやっぱりそうです。これも作品でした。

2010年1月16日 18:30~21:30
メイン会場:湯沢高原スキー場 布場ファミリーゲレンデ
サブ会場:ポケットパーク 足湯「かんなっくり」


↑当日は行ってみようかと思っていますので後ほど紹介できると思います。お楽しみにー。

P1000041_20100103000513.jpg P1000039_20100103000514.jpg P1000040.jpg 
土産物屋さんに入ってみました。
観光客向けのおみやげって「なにこれ!?こんなの名物だったっけ?」というのありませんか?
それともわたしが知らなさすぎ?

「熊笹だんご」って何? (あの銘菓笹団子を丸めて串に刺しただけじゃぁ...)


でも知らないおみやげって楽しいですねぇ。旅行気分になれますよ。

そんなこんなで散歩も終盤へ。
高半旅館
かの有名な小説「雪国」川端康成著 にも出てきた「高半旅館」です。
温泉街も終わりになったところから撮影しました。下手くそでスイマセン

さらに坂を下り国道方面へ行くと
P1000045.jpg P1000046.jpg
ガーラ湯沢駅とガーラスキー場ゴンドラステーションが表れます。

【ガーラ湯沢駅】
1990年12月開業。越後湯沢~ガーラ湯沢間はたったの1.8km、所要時間3分。上越新幹線から直通しているが、区分上は在来線ということになっている。その名の通りガーラ湯沢スキー場に直結しており、スキー場の営業期間にあわせて開業する。
(参考:http://homepage3.nifty.com/mizochi/Guide/Kantou/kantou04.htm
となんとも珍しい駅なのです。(バブルの絶頂期はよくCM流れてましたねぇ)
→ガーラスキー場HPはこちら


ということで散歩も終了し最後にガーラ湯沢駅前から撮った湯沢中里方面の写真です。
P1000047.jpg
→湯沢町観光協会HP

 マップ「魚沼散歩道」はこちら




人気ブログランキングへ ←ブログランキングに参加しています。ポチッとしていただけるとウレシくなっちゃって浮かれちゃいます。

駒子の湯

20091219195203
湯沢に来ました。
こっちは寒い。芯まで冷える寒さです。

道の雪も氷ってバリバリに。
気を付けましょう、その年最初のアイスバーンは事故続出です。

通りすがりに駒子の湯へ。
けっこう若い方が多いですね。
myお風呂道具を持ったおじいちゃんも歩いてやって来ます。

こんなのが近くにあったらいいなぁ~。

寒い 入っていきたい!
でも今日は本当に通りすがり…

今度、温泉カテゴリーでも作ってみるかな。

寒い

マップ「魚沼散歩道」はこちら
人気ブログランキングへ ←ブログランキングに参加しています。ポチッとしていただけるとウレシくなっちゃって浮かれちゃいます。

CalendArchive

検索フォーム

アクセスカウンター

TagCloud

プロフィール

satoimo

Author:satoimo
わたし35歳 妻30歳 長男4歳 次男6ヶ月
4人でゆっくり暮らしてます。
詳細プロフィール
ブログ魚沼生活
★リンクフリーです。
バナー画像↑もご利用いただけます。



<著作権について>
・「魚沼生活」において提供されているコンテンツに関して、編集著作権を含む一切の権利は管理者satoimoが保有致します。
・「魚沼生活」の利用につき管理者の許諾を得ずに、当サイト内のあらゆる画像や文章をなどの情報を無断転載することは著作権侵害にあたる行為のため禁止いたします。

メールフォーム

一緒に魚沼の魅力を発信しませんか。記事ネタ・アイデア・相互リンクなどなど、皆さんのご意見をお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。