リンク

育ちの種
HP起業支援ネットワーク『育ちの種』もよろしくお願いします。

Comments

openclose

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

PR

バナー



外国為替
















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ ←ブログランキングに参加しています。ポチッとしていただけるとウレシくなっちゃって浮かれちゃいます。

裸押し合い祭り 夜の部

IMG_6704.jpg

3月3日の”浦佐裸押し合い祭り”にいってきました。
日中は大名行列や稚児の美しい着物姿を目にすることができました。

本番は夜です。
男たちの勇猛な姿と”火祭り”の豪快な様子を見ることができます。

IMG_5798.jpg

IMG_6582.jpg IMG_6484.jpg

すでに境内からは”サンヨ、サンヨ”の掛け声が響いています。
到着したころには一般参加の方たちの水行が始まっていたところでした。

IMG_5801.jpg

冬の寒空の中、生身をさらした男たちは”うがい鉢”と呼ばれる水に飛び込み、祭られている不動明王を拝みます。
そして堂の中で行われる”押し合い”へと向かっていきます。

IMG_6495.jpg

IMG_5933.jpg

IMG_6634.jpg

IMG_6032.jpg

五穀豊穣・家内安全などを願い御利益のお礼や福餅を奪い合っています。
男たちの体から発する熱気で堂の中は充満。
見物する観衆も真剣なまなざしで押し合いを見つめています。

IMG_6248_20100308232705.jpg

そして突如、大ローソクを持った男たちが押し合う中へ飛び込み一気に終息。
こうもしないと闘争本能に火のついた者たちを鎮めるのは無理なのでしょう。
あまりの迫力に圧倒されてしまいました。

IMG_6516.jpg

IMG_6466.jpg
外では大ローソクが次の出番を待っています。
なんとも言えない幻想的な雰囲気。
”火”が美しい夜祭です。


浦佐裸押し合い祭りでは毎年「押し合い」の”一般参加”を募集しています。
◆平成22年度募集要項はこちらをご覧ください。
一般押し合い募集

◆過去関連した記事
浦佐駅~普光寺毘沙門堂(2009.12.24)

裸押し合い祭り 昼の部(2010.03.09)


より大きな地図で 魚沼散歩道 を表示





人気ブログランキングへ
↑クリックで応援おねがいします。









人気ブログランキングへ ←ブログランキングに参加しています。ポチッとしていただけるとウレシくなっちゃって浮かれちゃいます。
スポンサーサイト

浦佐裸押し合い祭り 昼の部

今から約1,200年前(大同2年)、将軍坂上田村麻呂がこの地に御堂を建て守護仏の毘沙門天王を祀って、その将軍や村長、村人と共に国家安隠を祈願し、併せて五穀豊穣、家内安全、身体健康を祈り祝宴の中で歌い躍って士気を鼓舞した事に起因するものと推察される。その後、毘沙門天の霊験のあらたかさと幕府の庇護にあずかったことにより歳々、参拝者が多くなっていった。

古くは毎年正月三日に行われてきた行事が、何時の頃からか気候風土その他の関係によリ現在の三月三日におこなわれる様になった。昔は、年一回初詣の正月の三日に御堂の唐戸を開き御本尊様の御簾を開帳して行われる行事に、毘沙門天を信仰する人が各地から集まり賑わいと混雑を極めた。その多くの信者が他の人より早く参拝しようともみ合い押し合うその暑さと、年頭にその年の除災招福を願う心から水浴後参前する。これらの事が交じり合って次第に裸になる者が多くなって、何時の代にか全員裸で御本尊に額ずく様になり今の押合祭に受け継がれている。

引用:浦佐多聞青年団HP




IMG_5537.jpg
毎年、三月三日は「裸押合い祭り」が南魚沼市浦佐で行われます。
このお祭りは”日本三大奇祭”の一つに数えられています。
沿道には露店が立ち並び多くの人で賑わう魚沼を代表するお祭りです。

IMG_5529.jpg
一本が30キロほどの大ローソクを担ぐ若者は寒風のなかでサラシです。
勇ましい姿が頼もしい。

IMG_5625.jpg IMG_5323.jpg IMG_5558.jpg
日中は大名行列が行われ、地域の小学生も旗などを持ち参加します。
稚児の行列には例年、多くのカメラマンが押し寄せ美しい着物姿をカメラに納める姿が見られますよ。

IMG_5588.jpg

IMG_5589.jpg

IMG_5339.jpg
こちらが山門とそこへ続く石畳。
ここをくぐると会場となる普光寺境内に入ります。

IMG_5386.jpg
山門の両脇には邪気を睨み見据えるように仁王像が立っています。
ここで過ごした幾年もの月日を感じつつ一枚。

IMG_5346.jpg

IMG_5372.jpg
山門をくぐり境内へ。
通路をまっすぐ進むと不動明王が姿を現します。

夜はこの”うがい鉢”と呼ばれる水のなかで体を清めて”押し合い”に臨みます。
これをしないと肌と肌が擦れ軽い火傷のような感じになるそうです。
この姿は「夜の部」でお見せしようと思っています。

IMG_5350.jpg

IMG_5354.jpg
ここが今日「押し合い」が行われる本堂です。
夜になると装飾は取り払われます。
そしてこんな感じに↓なります。

IMG_6156.jpg
押し合う男たちの熱気でレンズが曇る。
詳しくは「夜の部」にて。

IMG_5358.jpg

本堂の最後に息子とお賽銭を入れて、”無病息災””家内安全”を祈願しました。
さて夜はいい写真撮れたかな?



より大きな地図で 魚沼散歩道 を表示




人気ブログランキングへ
↑クリックで応援おねがいします。












人気ブログランキングへ ←ブログランキングに参加しています。ポチッとしていただけるとウレシくなっちゃって浮かれちゃいます。

浦佐裸押し合い祭り 稚児行列

IMG_5595_20100305003444.jpg
毘沙門通りにて撮影。





人気ブログランキングへ
↑クリックで応援おねがいします。





人気ブログランキングへ ←ブログランキングに参加しています。ポチッとしていただけるとウレシくなっちゃって浮かれちゃいます。

浦佐裸押し合い祭り 大ローソク

IMG_6370_20100304082943.jpg
毘沙門堂境内にて撮影。

3月3日、浦佐裸押し合い祭りに出かけてきました。
詳しい記事は後ほどアップします。

まずは今日の一枚。




人気ブログランキングへ
↑クリックで応援おねがいします。




人気ブログランキングへ ←ブログランキングに参加しています。ポチッとしていただけるとウレシくなっちゃって浮かれちゃいます。

塩沢 雪譜まつり

北越雪譜(ほくえつせっぷ)は、江戸後期における越後魚沼の雪国の生活を活写した書籍。初編3巻、二編4巻の計2編7巻。雪の結晶のスケッチから雪国の風俗・暮らし・方言・産業・奇譚まで雪国の諸相が、豊富な挿絵も交えて多角的かつ詳細に記されており、雪国百科事典ともいうべき資料的価値を持つ。著者は、魚沼郡塩沢で縮仲買商・質屋を営んだ鈴木牧之。1837年(天保8)に江戸で出版されると当時のベストセラーとなった。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


南魚沼市塩沢はかつて三国街道の宿場町として栄えたところ。
今回で26回を数えるこのお祭りは地元の商工会が地域おこしの一つとして作り上げてきたものです。
名前の由来は鈴木牧之(すずきぼくし)著の”北越雪譜”から名づけられました。


129.jpg

2月20日土曜日
息子と甥っ子と3人で行ってきました。

到着したころにはめぼしいイベントはすでに終了している。残念。
見たかった「百八灯大護摩」は来年までおあずけです。

128.jpg154.jpg
277.jpg290.jpg

080.jpg

199.jpg
かまくらの中ではお餅や甘酒が振る舞われています。
子供たちもお味噌のついた焼き餅をいただきました。

195.jpg262.jpg
271.jpg301.jpg
この日の天候は雪。
かなり降っていましたが子供たちは元気。
「あっち行こう、こっち行こう」と手を引かれていました。

早いものでもうすぐ3月。
太陽が顔を出す時間も長くなってきて、冬のイベントもそろそろ終盤へ。
ふきのとうを探してみましたがまだ出てませんね。
雪景色も美しいですが春も待ち遠しいです。


催事日 毎年2月第3土曜日
会場 南魚沼市 塩沢 /鈴木牧之記念館周辺

〒949-6408
南魚沼市塩沢1112番地2

→南魚沼市HP観光情報
→鈴木牧之記念館
→塩沢商工会




より大きな地図で 魚沼散歩道 を表示





人気ブログランキングへ
↑クリックで応援おねがいします。









人気ブログランキングへ ←ブログランキングに参加しています。ポチッとしていただけるとウレシくなっちゃって浮かれちゃいます。

CalendArchive

検索フォーム

アクセスカウンター

TagCloud

プロフィール

satoimo

Author:satoimo
わたし35歳 妻30歳 長男4歳 次男6ヶ月
4人でゆっくり暮らしてます。
詳細プロフィール
ブログ魚沼生活
★リンクフリーです。
バナー画像↑もご利用いただけます。



<著作権について>
・「魚沼生活」において提供されているコンテンツに関して、編集著作権を含む一切の権利は管理者satoimoが保有致します。
・「魚沼生活」の利用につき管理者の許諾を得ずに、当サイト内のあらゆる画像や文章をなどの情報を無断転載することは著作権侵害にあたる行為のため禁止いたします。

メールフォーム

一緒に魚沼の魅力を発信しませんか。記事ネタ・アイデア・相互リンクなどなど、皆さんのご意見をお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。